こんにちは。占い師の北川サンゴです。

占い師という稼業をやってると、必然的に上手くいきやすい人と上手くいきにくい人の特徴がなんとなくわかってきます。

何千人、何万人もの人を見るわけですからね。

その中には当然うまくいく人とうまく行かない人がいるわけです。

そしてある程度の人数を見ると事前にうまくいきそうかいきそうにないかというのがわかってきます。

結論から言うと、恋愛が上手くいきやすい人ってやっぱり現実的な人が多いです。

現実主義者。現実が見えてる人。そんな人です。

夢見がちな人はあまり上手く行かないですね、やっぱり。

「現実的」というのは「理想を追うな」という意味ではなく、現実を正しく認識できること、そして、今ある問題に対してどうすればいいかというのが現実的な方策として思考できる人という意味ですね。

例えば「今後出会いがあるかを占ってほしい」っていうお客さんが来たとします。

そこでだいたいは「◯月と▲月にこういう人と出会うから、◯月と▲月に積極的に恋活してくださいね」みたいなアドバイスになるわけです。

そこで本当に上手くいきやすい人というのは

「なるほど、わかりました。合コンとか行ってみようと思います」

みたいにすぐ自分ができる対応作を思いつくんですよ。

あるいは

「ねこんかつに興味があるんですけど、参加してもいいと思いますか?」

みたいに現実的なアドバイスを求めてくるんです。

「ねこんかつで出会えるか」というのはすごく現実的な考えですよね。だって婚活パーティーなんですから。しかも「猫好きな男性」というターゲットまでしっかり定めてますし。

一方、上手くいきにくい人というのは夢見がちで、変なところにこだわりを持っています。

例えば「なぜこっちから動かなければいけないのか」みたいに食って掛かってきます。

常識的に言って、どんな力のある占い師や術師でも探す気のない人に出会いをもたらすことはできないですよね。

極端な話「6月に出会いがあります」という結果が出ても6月の間ずっと家にひきこもってたら出会いなんかあるわけありません。だって物理的に男性と会わないですから。

現実的に言って、家に引きこもってる普通の女性のところに何の前触れもなく白馬の王子様が迎えに来るなんてことはありえないわけです。

ところが上手くいきにくい人というのは、現実的にありえないと思いつつも、心のどこかで白馬の王子様を待ってるようなところがあります。

そして「占いをすれば白馬の王子様が来てくれるんじゃないか」「ヒーリングを受ければ何かすごい力が働いて奇跡が起きるんじゃないか」というような夢想をしているようなところがあります。

これは現実逃避のために占いを使ってるだけであって、このような占いの使い方をしててもたいていは上手くいかないです。

運命とか縁という不思議な力は確かに存在します。

しかしそれはあなたが思ってるよりもかなり弱い力なのです。人間の意志の力のほうがずっと強いです。

なので、縁が近づいてきたり、運命の人が近づいてくるチャンスがあったらそれを自分から掴まないと簡単に逃げてしまいます。

占いは縁がいつ来るかというのはわかりますが、それを掴むかどうかはあなたの意志にかかっているのです。

恋愛がなかなか上手く行かない方は自分が現実をちゃんと考えてるかということを自分で見つめ直してみるといいかもしれません。