こんにちは。Sol Magica占い師の北川サンゴです。

そういえば私が普段占いにどんな道具を使用しているかって書いたことなかったなぁと思いまして。

うちはオンライン専門なのでお客さんから見るとどんなふうに占ってるのか全然わからないよなぁとさっきふと思いまして。

ちょっと書いてみたいと思います。

タロットカード

ライダーウェイトスミス版タロット

タロットには様々な種類がありますが、こちらはもっともオーソドックスなデッキでタロット占い師なら誰でも持ってますし、巷に存在するタロット関連の教則本とかタロット講座などはほとんどがこれに準拠して書かれています。

1909年にイギリスのアーサー・エドワード・ウェイト博士という魔術研究家の方が原案を作成し、パメラ・コールマン・スミスさんという画家の方が完成させました。

当時のイギリスのオカルト知識が全て詰まったような作品で、魔術という源流を持ってるのでシビアに現実を映し出すのが特徴です。相談者に気を使って前向きなメッセージが出るなんてことはないわけです。無理なら無理とズバッと結果が出ます。

私が初めて買ったタロットですが、現在はこのデッキは使ってないです。使ってるうちに紙が傷んで反りくり返ってきたので使わなくなりましたね。

ウェイト版タロット(ポケットサイズ)

ポケットサイズのウェイト版タロットです。

絵は普通のウェイト版タロットと同じですが、サイズが違う。

普通のウェイト版タロットってトランプよりもかなり大きいんですよね。iPhoneXぐらいの大きさがあります。

しかしこちらのポケットサイズ版はトランプと同じ大きさとなっております。

手にすっぽりハマるのでシャッフルがしやすい。持ち運びにも便利。でも絵が小さいので迫力がない。

一時期気に入って使ってましたが今は使ってません。

ウェイト版タロット(ボーダーレス)

いちばんお気に入りで、メインで使っているデッキです。

ウェイト版タロットの枠を取り払ったものですね。

また、色合いも少しくすんだような感じになっていて、紙質は分厚くてザラザラしてます。

さながら1909年に発行された原版を再現したかのような質感ですね。

枠が無いので絵に迫力があってインスピレーションが捗ります。

紙質のせいでシャッフルがしにくいのが欠点ですが、これがいちばんお気に入りです。

ユニバーサルウェイトタロット

ウェイト版のデザインを元に別の画家が描き直した作品です。

画家はメアリー・ハンソン=ロバーツさんという方です。

オリジナルのウェイト版はイギリス製でしたがこちらはアメリカ製です。

オリジナルに比べて鮮やかで柔らかいタッチが特徴。

紙の滑りも良くてシャッフルしやすい。

一時期気に入って使ってましたがボーダーレス版のほうが絵が良かったため乗り換えました。

ユニバーサルタロット(大アルカナのみ)

ウェイト版を元に別の画家が新しく描き直したものです。

上記のユニバーサルウェイトタロットとは出版社も作家も全く別。こちらはイタリア製です。

ロベルト・デ・アンジェリスっていうイタリア人が作者。

ウェイト版とほぼ同じだけどキャラの表情とか服装とかのディテールが異なる。

わりかし独特で怪しい雰囲気があるタッチ。大アルカナのみで占いたい場合はこれを使います。

ユニバーサルタロット(フルデッキ)

上記ユニバーサルタロットのフルデッキ版。

大アルカナは非常に凝ったデザインになっていて抜群に良い雰囲気だったのですが、小アルカナがやっつけで描いたとしか思えないぐらいひどい。

人物の表情が何を考えてるのかわからないような表情をしていてインスピレーションを阻害する。

本当に同じ人が描いたんだろうか。

ホワイトキャッツタロット

ウェイト版をモチーフにキャラクターを猫にしたもの。

発売元はユニバーサルタロットと同じ会社です。

イタリア製だけあってヨーロッパの絵本みたいな絵のタッチです。非常に雰囲気がありますね。

猫はとてもかわいく描かれていて、愛猫家にはたまらない作品。

なぜか愚者だけが犬になっている。

アルケミアタロット

日本では非常に有名なタロットデッキで森村あこ先生という占星術師が原案を作成し、CGアーティストの貴希さんという方が絵を描いたタロットです。

モチーフはウェイト版ですがところどころに大胆な改変が見られます。

何より多彩なCGを駆使した非常に美麗なグラフィックは一見の価値アリです。

ただキラキラしすぎていてインスピレーションが阻害されるという理由でこのデッキを使わない占い師さんも数多くいます。

わりと好き嫌いが分かれるデッキかもしれないです。

私も観賞用にしか使ってません。

エンジェルカード

エンジェルオラクルカード

ドリーン・バーチューさんという天使研究家の方が作ったオラクルカードです。

オラクルカードの中では最もメジャーで有名。

ところがこのバーチューさんという方、数年前にいきなり天使研究家からクリスチャンに改宗し「天使なんかいない。今までやってきたことは全て間違いだった」みたいなことを言い始めたのです。

まあ、私も本当に天使が居ると思って使ったりしてはないですよ。使ってみて非常に良いメッセージが得られるのでバーチューさんが改宗したあとも普通に使ってます。

占いというのは別に道具に神秘的な力が無いとできないっていうようなもんじゃないからね。タロットなんかもともとはゲーム用のカードですし。

世の中には普通のアスパラガスを投げて占うアスパラマンサーという占い師もいるぐらいですから。

大天使ミカエルオラクルカード

大天使ミカエルオラクルカード。箱に描かれているミカエルがめっちゃくちゃカッコよかったので買った。

でも、このデッキだけ反り返りがひどく、あまり使ってないのに傷みが激しい。乾燥剤などで治療を試みたけど治らず。

メーカーに聞いたところ「不良品と思われるので交換します」って言われたけどなんとなく愛着が湧いていて断った(笑

エンジェルアンサーオラクルカード

オラクルカード特有の曖昧なメッセージしか出ないという特徴を覆したのがこのデッキ。

イエスとかノーとかがはっきり出る。タロットより明確に出ます。

そして的中率も非常に高い。主に自分のことを占うのに使ってましたが、今まで大きく外したのは見たことないです。

ただあまりにはっきり出過ぎるためインスピレーションの余地が無いため実占では使ってません。

これはちょっと強力すぎますね。

ホロスコープアプリ

ホロスコープは天体の配置を図に表したものです。天体は万有引力の法則で動いているため数学的な計算で位置を算出することができます。

でもいちいち手計算でやってると時間がかかってしまうので、パソコンやスマホのアプリで計算するのが一般的です。

私はこちらの「スターナビゲーター」という有料Webアプリを使ってます。

https://www.arijp.com/horoscope/starNavigator.php

これはホロスコープの図面だけではなくサイン、ハウス、アスペクトを一覧表で出してくれるので非常に見やすく、チャット占いのように高速で占わなければいけないときに重宝します。

アストロダイス

占星術の記号がかかれたサイコロで、これを振ることで占います。

この占術はまだできないんですけど、サイコロが好きなので買いました。

いずれ使えるようになりたい。

その他

タロットクロス

タロットクロスです。タロット占いをする際にテーブルに敷く布ですね。

理由はカードを混ぜやすくするためと、傷めないようにするためです。

タロットをするときってカードをバラバラに広げてぐるぐる回すように混ぜるってことをやるんでね。それがしやすいようにってことです。

水晶

水晶です。占いをしてるテーブルに置いて場を清めたりとか、カードを浄化したりするのに使う。

まあ清めとか浄化とかは気分の問題なんですけどね。

ペンデュラム

ダウジングに使う道具です。

実は私が人生で初めてやった占いはダウジングなのです。

高校生のときでした。そのときはこんな立派なペンデュラムではなく5円玉に糸を結んだものでやってましたが…。

今はダウジングはやってませんが、初心を忘れないために記念に1つだけペンデュラムを買って持っています。

以上です。

また追加したら書きますね。